水と言っても、あまりにも意味が広すぎますが、ここではまさに「水」についてのアレコレを紹介していきたいと思います。

 

日本では水、お湯などの呼び方をします。 でも海外では温度が変わっても「水」(ウォーター)という呼び方のままなんです。
こんな些細なことも、きっと環境や文化によって何かしらの影響があったんでしょうね。

 

科学的に「水」を表現するならば、化学式の「H2O」(エイチツーオー)ですよね。

 

このように、私たちでは当たり前の「水」でも、いろいろな側面から考えてみると、おもしろいことがあります。

 

これから少しずつ、「水」についてのトリビア情報や飲料水から浄水器などの情報もお伝えできたらと思います。

 

 

実はおいしい水といっても、私はよくわからないんですよねー。 でもシャワーなんかの金属っぽい味?はイヤですね。 健康被害はなくても、なんかカルキ臭っぽいのも苦手です。

 

 

 

水なんて世界どこでも同じじゃないの? と思うかもしれませんが、そんなことはありません。 よく言われるのは、日本は軟水です。 軟水というのは、水に含まれるミネラル分が少ないということです。

 

日本の場合は地下を流れる時間が短いためだと考えられています。 つまり地中のミネラルを服務時間が短いと言うことですね。

 

逆に硬水というのは、ミネラルが多く含まれていると言うことです。 大陸の場合は、水が流れるのが岩であることが多く、さらに滞留している時間が長期に渡るため、ミネラル分が水分に多く含まれるからなのです。

 

 

 

 

 

 

売れ筋225・FX1食置き換えダイエットページランク表示REVIVAL JAPANページランクの殿堂-PR6相互リンク集パワーサイトランキングケーキ・和菓子リフォーム・修繕・建築